2019年6月号

ブログを書かない生活は時間の余裕をくれたかわりに、アウトプットしないことによって自分の中にあるものを整理できなくてきもちわるいので、少しでも記録に残そうと思います。

 

・観た映画

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

田中圭ちゃんが吹き替えをしているというので。迫力満点でめちゃくちゃおもしろかったです!映画館ならではの迫力。怪獣たちの咆哮。すごかった。ゴジラくんかっこよかったし、モスラちゃんの姫みに圧倒された。ゴマすりクソバード・ラドンくんとか、偽の王・キングギドラくんとか各怪獣のキャラたちがすばらしかったです。エモさを極限まで排除したシンゴジはまさに異色だったんだなって改めておもうほどに人間たちはつまらなかった。ぶっちゃけ吹き替えじゃなくて字幕のほうを観たいってわたしにおもわせたから田中圭ちゃんの負けです。

 

・買ったCD

高橋一生「きみに会いたい」

デビューシングル買いました!アホ太郎のテーマソングという呪縛があんまりにもつよくてそれ以外の感想が出てこないんですけど、これがデビューシングルかあ・・・という感慨はありました。「赤い薔薇」のほうがすき。森高千里の真似して高橋一生くんとデュエットする遊びがマイブームです。

 

・読んだ本

横山秀夫ノースライト」(11)

真保裕一「おまえの罪を自白しろ」(12)

タイトルが安っぽいなーっていう第一印象そのままでした。ぼんくら次男坊が覚醒していく様は痛快だったけど。次期首相と目される大人物を前に、堂々と渡りあったあの場面は絵が浮かんだ。真保さん作品はやっぱり映像が浮かびやすい。

新井素子編「ショートショートドロップス」(13)

贅沢なラインナップでした!図子さんもしをんさんもだいすき。ショートショートとしては堀真湖・村田沙耶香作品が好み。御大がお勧めしてくれた松崎有理さんを読んでみたい。

月村了衛「悪の五輪」(14)

月村さんが怒ってる・・・!昭和は闇が深くて恐ろしいけどそこが作家にはおもしろいんだろうな。花形さんが実在の人物だとは知らなくて、いったいどこまでが史実でどこからが虚構なのかと。勉強しなくちゃってきもちになるけど昭和は苦手なのじゃ・・・花形さんはぜひ智司(「今日から俺は!」の鈴木信之くん)でおねしゃす。篠村さんはむかいりかな。児玉機関とかいわれるとジョーカーゲーム思い出すけどあれは柳広司作品だわね。

米澤穂信「本と鍵の季節」(15)

めちゃくちゃよいよねぽんでした。最高のカタルシス。松倉くんは途中からわたしの脳内で完全に浅香航大くんだった。宮本からのグッドドクターからのあな番で、浅香航大くんがマイブームです。すき。やばい時こそいいシャツを着るんだっていう松倉くんの意地とか、言質をとられたなと苦笑する「守れなくなるまでは守りたい」というあのセリフが浅香航大くんのクールでニヒルなビジュアルと(わたしの中だけで)あいまって心に響いて泣けました。松倉くんの人生がすばらしいものでありますように。

高山一実「トラペジウム」(16)

くるみちゃんはもんちゃんでおねしゃす。ピンではアイドルになれなかったからだからユニット組んで話題性でデビューしようとしたその野心はすきだけどそれに他人を巻き込んじゃって傷つけちゃうのはだめだよね。

 

・観たいもの

カリギュラ

f:id:cha_pi:20190615231837j:plain

 

「月極オトコトモダチ」 地元で公開ありますように。

 

 

「GOD OF STARS-食聖-/Éclair Brillant」地元にライビュきますように。南無南無!

f:id:cha_pi:20190615232718j:plain

 

 

「ストリベリーナイト・サーガ」

亀ちゃんの菊田がさいこうにすばらしかったです。好きなのにでも想いは受け取ってもらえなくて、おまえにはわたしのことなんてわからないって言われて、それでたぶんとても絶望したのだとおもう。牧田にあって自分にはないもの。その答えを彼は心の底から欲したのに、そんなふうに言われて、もうどうでもいいやって自棄になったんだとおもう。だから結婚した。そのことをみんな玲子には言わなかった。言えなかった。そんな関係。

でも玲子が命をかけて、そして人生をかけて菊田の命を守ろうとした時、かなしいけど菊田はでもとてもしあわせだったとおもうんだ。自分はなんにもわかっていなかった。好きな女の抱える苦しみも、悲しみも、絶望も、殺意も。牧田にあって菊田にないもの、牧田と玲子に共通するもの、それは人に対する殺意だ。本気の殺意。だから彼女は殺人犯に共感する。共鳴する。そのことを危惧して畏れるのがガンテツだ。

謝ることしかできない菊田は、それでもいつか機会があれば彼女をまた近くで支えると言った。押し掛け女房のような妻に対しても、穏やかな愛情を向けることができた。それを見た時には虚を衝かれた。菊田はもう彼女のそばにはいたくないんじゃないかっておもったから。妻のことは愛せないんじゃないかとおもったから。でも違った。菊田はちがった。全部受け止めて、全部飲み込んで、それからちゃんと正しい道を選択した。彼の中でどんなふうに昇華されたのかはわからない。好きだけどでも。でも。でも。

でも、どうしようもないことだと、諦めがついたのだろうか。好きなった女は好きになってはいけない女だった。でも、もしかしたら、いつか彼女の中から殺意が消えることがあったら、そうしたらその時には彼と寄り添って生きていくことができるんじゃないか。そんな風におもってしまうわたしはきっとなんにも分かってないんだろう。彼女の苦しみも、悲しみも、絶望も、殺意も。

「俺のスカート、どこ行った?」

キンプリは平野くんの圧倒的センターっぷりを誇るグループだとおもっていたのですがいやいやまだまだ逸材がおりますがな!!!!って突如彗星のごとくわたしの前に躍り出てきたのが永瀬くんです、ええ、ロングではなくエターナルな方のながせくんです。

そんなエターナルな永瀬くんが最終回の前々々回にて予定通りデレて、一気にキャラが崩壊したことに心の底からツッコミを入れたわけですが、学園祭で女装してノリノリな明智くんを見たらいやこれはもうすきなるしかない・・・とがっくり膝をつきました。完全なる敗北宣言。ただの美女であった。美女・・・顔面が強い・・・

f:id:cha_pi:20190620234534j:plain

https://twitter.com/oresuka_ntv/status/1137331719806128128

だってかっこよくないですか!?スラっとした長身に浅黒い肌にちょっとハスキーな高めの声、長めの前髪から覗くシャープな瞳、斜に構えてどこか拗ねたように薄い笑みをいつも浮かべて、でも拗ねてることはバレバレで、ああんわたしも彼をうんと甘やかして邪険にされたいいいい><><><という倒錯したきもちが燃え上がるばかり。はー、すき。

若さではやっぱり一枚上手なのは道枝くんだけど、それはもうしょうがない。あの透明感には誰も勝てない。学祭の女装祭りでもとってもキュートだった。かわいい。

年寄りだから最近のジャニーズとか全然わかんねーわってスタンスだったけど、でも知ってる。わたしは自分がジャニーズに弱いの知ってる。野ブタで山下さんに堕ち、美男で玉森くんに堕ちたわたしだもの。花男松潤にだってコロッとやられた。ザッツチョロいオブチョロい。だいじょうぶ、彼は成人済だからだいじょうぶよ(なにが

月組「夢現無双/クルンテープ」

だいすきな月組90期の最後のおふたりの退団公演ということで、千秋楽に行ってきました。

月組公演は去年の「カンパニー/BADDY」ぶりです。雨にも風にも負けなかった桜がまだ少し残っていて、時折風にあおられて桜が舞うのがとても美しい、青空の広がるお天気の良いとても佳き日でありました。ご卒業、おめでとうございます。

予習もいっさいせず、ノーオペラで見ました。わからない部分もたくさんあったし、知りたい部分もたくさんありましたが、それでもお芝居ではひびきちゃんのラストシーンの拍手と、くれあちゃんのせり上がりの拍手には胸がいっぱいになりました。ショーでは美弥さまを除く三人での銀橋渡りなどで見せ場もたくさんあって、手厚い退団者待遇に感謝感激。特に娘役のダンスシーン(素足で踊る場面だったかな。そういえばひびきちゃんは裸足で踊りたいってずっとおとめに書いてたなってことを思い出したり)で、さち花ちゃんが跪いて手を差し出し、そこにそっと手を載せるくれあちゃんという場面がさいこうに感動的で、去り行く月娘から残る月娘へと引き継がれる様がとても素敵で、ヤンさんの振付だということで心から感謝の気持ちを。なかなか娘役でああいう場面ってないんじゃないかな、ってくれあちゃんもまた月組を代表するアイコンであったのだと誇らしくなりました。これでもうるうなつの次は91期のゆりさち花なんですよね。その下には92期の華蘭ちゃん。その事実に愕然とする。上級生たちがいなくなってしまうのはほんとうにさびしい。 

そのかわりに台頭してくる下級生たちの活躍に目を見張りました。特にありちゃんとおだちん。すっかり立派な番手付きです。若さの中に頼もしさもあって、こうやって月組はつながっていくのだなって、さびしいけれども楽しみなこともあるのだと安心しました。それからるねれんこんコンビ。かつてのとしゆりを思い出す。一回だけの新公主演経験というのは呪縛にも救いにもなるものだなっておもうけど、それでもそれが楔になればいいなっておもうから、だから二人にはなおさらに頑張ってもらいたい。そしてひとり残ったゆりぴょんです。残ってくれたのがゆりぴょんでほんとうによかった。変わらない佇まいに泣きました。階段降りでるねれんこんを従えて真ん中を降りてきたのも、ああそうなんだなってとっても納得したし、きっとそういうことなんだとおもう。よかった。今も月組にゆりぴょんがいてくれてほんとうによかった。

ありちゃんとおだちんは、遠慮がちだったのが影をひそめてガツガツと前に出てくる感じが素晴らしく力強くてため息が出た。もう下級生のバブちゃんなんかじゃない。A-ENの時のあのありちゃんじゃない。くれあちゃんとの思い出を語るにA-ENは外せなくて(はるきゅんとか!)あの公演は今思えば宝物みたいにキラキラした想い出になってるなって。組長さんだったくれあちゃんと、最下だったはるきゅん。奇跡の座組だったね。おだちんの更なる飛躍を期待する。

サヨナラショーというものを初めて経験しました。大劇場でペンラを振るのも初めて。ペンラはVoice以来かな。組長デビューのるみこさんの言葉に会場から嗚咽が漏れたのを聞けたのはきっと稀有な経験。その後に流れたBADDYの音楽に体中の血液が沸騰するかとおもいました。まさかまた大劇場でこの音楽が聴けるなんて・・・!グラホもとってもだいすきな月組の作品。まさかチャールストンをまた大劇場で観ることができるなんて。なんて。なんて奇跡。美弥さまありがとう。そしてその風景の中にわたしのだいすきだった人の姿はなく、れいこちゃんがいるという不思議。わたしのだいすきな作品はだいすきだった人の想い出なはずなのに、この音楽とダンスにあの人は不可欠なはずなのに。でもそこに姿はなくて。いろんな感情に引きずられてとても心が忙しかったです。ジェットコースターみたいだった。これは美弥さまからの最後のプレゼント。美弥さまと一緒に月組を観てきたわたしたちへのプレゼント。今はいないたくさんのかつての月組子たちとの想い出を、一緒に振り返ることができてとてもしあわせでした。ありがとうございました。美弥さまを除く三人の退団者が銀橋渡りで歌ったのはAFOで、くれあちゃんは当時大劇場公演を全日程休演されたのでわたしはAFOのくれあちゃんの姿を見ることはかなわなかったのだ。だからこそまさか大劇場でAFOを歌うくれあちゃんが見られるなんて。きっとそういう意味も込めての選曲だったんだろうなって、ひびきちゃんと音ちゃんには勝手に感謝のきもちを送っておきますwまさかの同期同時退団に、いったいどういうことなんですかって早く誰か文句言ってくださいよ!!!!!

それからあの時にはかなわなかった千秋楽の月組大ジャンプもちゃんとできてほんっとうによかったです。思い残すことはありません。あの時に昇華できなかった想いがようやく成仏できたような気がします。あの時見ることができなかったもの、聞くことが出来なかったもの、立つことのできなかった場所。それらを得ることができて、ほんとうにありがたかったです。

2月の記録

・読んだ本

真保裕一「こちら横浜市港湾局みなと振興課です」(4)

ドラマの脚本みたいだなっていう印象。初回から数回は一話完結で事件を解決し、そこはかとなくほのめかされるイケメンと市長の裏事情が徐々に明らかになり、終盤の数回でそれらが一気に解決するってやつ。

島本理生「あなたの愛人の名は」(5)

相変わらずの島本さんだなーって皮肉っぽい感想を持ったけど、これがカラーってことなのかなって意地悪く考えるのはやめる。

原寮「それまでの明日」(6)

古き良き時代のハードボイルド。アウトローな探偵のテンプレっぷりがおもしろかったけどたぶんそこはねらい目じゃないとおもうのでわらってはいけないミステリになってた気がする。このミス1位とかまじですか。最後にあの地震を持ってきたことの意味とは。

東野圭吾「沈黙のパレード」(7)

湯川先生が教授に!!!!!!!!!

伊坂幸太郎「フーガはユーガ」(8)

 

BRODY2019年4月号

初めて買った雑誌です。欅ちゃんのおかげで世界が広がってる。楽しい。

「黒い羊」も引き取りました!初めて見る握手会参加券に感動。キラキラしてた。TLが悲喜交々の封入お写真は欅ちゃんじゃないグループのやつでこれが噂の・・・!とふるえました。いやもうなんかすごいなって。なんじゃこりゃ。欅ちゃんのCDに欅ちゃんじゃないグループの曲が所収されてるのもすごいし、いろんなスケジュールが狂いまくった結果のカオスなんだろうなって菩薩顔になるしか。いや、笑うわ。

初めての雑誌なので作法がわかんないんだけど、プロフィール欄はあれはどういうことなの????ってすごく混乱しましたwwwwいや、しょっぱなのもんちゃんが「孤高のもんテスキュー」だったもんだからさ。もんテスキュー。絶妙すぎる。もんって言うたらもんテスキュー。わかる。めっちゃわかる。あとははぶちゃんの「よくいないタイプの単細胞」かな。わたしまだはぶちゃんのポンコツっぷりを知らないので、人選ミスでは・・・と界隈が震えたネプリーグをすっごく楽しみにしてます♡ポンコツな美人とかだいすきすぎる~~。インタビューの中でダンススキル向上のモチベはと問われたもんテスキューが「やらない理由がないからです」と答えたことにしびれましたカッコイイ!!!欅ちゃんのダンス番長めちゃめちゃカッコイイ。平手以外に興味なんてないのとか嘯いてましたがもんちゃんとはぶちゃんすきなのでBRODYのポスター部屋に貼ってもいいですかね!はい、ありがとうございます!!!

あとインタビューの中で特筆すべきは、去年のFNSの選抜チームの時のことをみいちゃんとはぶちゃんは「ふだんはウィンクとかしないし笑顔で歌ったりしないから難しかった(意訳)」って言うてて、そうそうそうそうあの時の欅ちゃんはちょうぎこちなくて生まれたてのアイドルみたいだったわよ~~~~って見てる方と同じことをおもってたんだなっておもしろかったです。カメラアピとかできなさすぎるのがほんとにね。かわいいね(親バカ

で、楽しみにしてたMV監督のインタビューなんですけど、なるほど欅ちゃんはやっぱり平手のための平手のグループなんだなっていうのを一層印象づけて、それは良いことなんだろうかって一抹の不安が拭えなかったです。曲の世界観も平手のことを表しているって、それはみんな知ってるけど言うたらあかん暗黙の了解なんだとおもってたから、それを言葉にしたことにびっくりした。平手坂と揶揄されることも厭わないのか。欅は平手のためのものでいいのか。そのことに葛藤する姿をエンタメとして消費していると声高に言ってもいいのか。ほんとうに?それでいいの?

わたしも平手を消費する人間のひとりだけど、でもそれは表に出してはいけないことなのだとおもってた。少女が大人になっていくその美しい成長過程を、エンタメとして消費する。苦悩も悲しみもそしてそれらを乗り越える強さをも見世物にすることに抵抗がない人間は軽蔑する。でも。というアンビバレンツに悶えながらも惹きつけられるのが大多数の大人ファンの姿勢なのだとおもってた。なのに彼は今回の映像に限って言っても、すべてを平手に委ねて、平手次第なのだと、成功も失敗も平手のせい、平手にすべてを背負わせることにわたしが感じるうしろめたさを覚えてる節もなく、むしろ屈託ない言い放てることはショックだった。平手に賭けたその結果の責任はどう取るつもりなんだろう。無責任だなって、そうおもったし、平手が抱える負の感情はそういった身勝手な大人たちのせいなんじゃないかって、そのことに気付かない大人たちの姿が醜悪だった。

星組紅ゆずる・綺咲愛里退団発表に寄せて

ベニーさんが退団を発表された。

今日行われた会見のニュースをインターネットで見た。

お披露目のスカピンで「5作で退団しよう」と決めていたということ、相手役であるあーちゃんにはアナワの時に告げたこと、あーちゃんも一緒に辞めると言ってくれたこと、そんなだいじなエピソードなのにいつのことだったか肝心なことを覚えてなくて、きっと退団会見の時に聞かれるであろうからとあーちゃんに確認したこと、あーちゃんはすぐに答えてくれたこと、それまではいつもの軽妙な語り口であっただろうに想い出をと乞われて大泣きしたこと、生まれ変わってもまたタカラジェンヌになりたいと言われたこと、退団後の結婚について聞かれてあーちゃんと結婚したからと答えられたこと、どれもこれもわたしのだいすきなベニーさんで、タカラヅカという独特の世界においてもなお異彩を放っていて、ベニーさんの持つ物語はわたしを心から感動させてくれた。ほんとうにありがとうございました。

わたしがタカラヅカに出戻ってきた時の星組さんは柚希さんをトップに頂き、その下にベニーさん・真風さんが堅く位置しその見事な布陣がとても美しかったのが印象的だった。柚希さんが卒業されて、真風さんが宙組に異動になり、二番手であったベニーさんはそのままに、星組はあたらしくみっさまをトップに頂くことになる。とても、心が、ざわついた。落ち着かなかった。どういうことだろうと状況を理解できなかった。でも組替えでトップになられたみっさまを、ベニーさんは二番手さんとしてりっぱに支え、柚希・紅・真風というトライアングルの唯一残ったものとして、星を継ぐ者として、タカラヅカの世界を鮮やかに彩ってこられた。どうかベニーさんが星組のトップさんになりますように。確かなものなんてなにもない世界だというのはじゅうぶんに知っていた。だからわたしはベニーさんの星組トップというものにこだわりたかった。

願いはかなって、奇跡の新公と言われたご自身最初で最後の新公主演をされたスカピンでのお披露目。これほどまでにわかりやすい物語を背負ったベニーさんは、わたしの愛するタカラヅカの世界をこれ以上ないくらいに具現化してくれて、そのぐうの音も出ないほどの王道に有無を言わさず感動させられた。批判もあっただろう。離れていくひともあっただろう。トップさんが替われば、ファンもまた入れ替わっていく。それでもあーちゃんとふたりで組んだこの3年間は、この同時退団という最高のクライマックスをもって、ああ、とてもいいトップコンビだったねと多くの人に言わしめるにじゅうぶんなものをわたしたちに見せてくれた時間でもあった。まさに王道。これぞタカラヅカ。生え抜き原理主義でトップコンビの同時退団を良しとしているわたしにとって、それらを叶えてくれたベニーさんは完璧なタカラジェンヌだった。ほんとうにありがとうございます。とてもさびしいです。でもこれで思い残すことはありません。どうかベニーさんの残りのタカラヅカでの日々がしあわせなものでありますように。