月組「夢現無双/クルンテープ」

だいすきな月組90期の最後のおふたりの退団公演ということで、千秋楽に行ってきました。

月組公演は去年の「カンパニー/BADDY」ぶりです。雨にも風にも負けなかった桜がまだ少し残っていて、時折風にあおられて桜が舞うのがとても美しい、青空の広がるお天気の良いとても佳き日でありました。ご卒業、おめでとうございます。

予習もいっさいせず、ノーオペラで見ました。わからない部分もたくさんあったし、知りたい部分もたくさんありましたが、それでもお芝居ではひびきちゃんのラストシーンの拍手と、くれあちゃんのせり上がりの拍手には胸がいっぱいになりました。ショーでは美弥さまを除く三人での銀橋渡りなどで見せ場もたくさんあって、手厚い退団者待遇に感謝感激。特に娘役のダンスシーン(素足で踊る場面だったかな。そういえばひびきちゃんは裸足で踊りたいってずっとおとめに書いてたなってことを思い出したり)で、さち花ちゃんが跪いて手を差し出し、そこにそっと手を載せるくれあちゃんという場面がさいこうに感動的で、去り行く月娘から残る月娘へと引き継がれる様がとても素敵で、ヤンさんの振付だということで心から感謝の気持ちを。なかなか娘役でああいう場面ってないんじゃないかな、ってくれあちゃんもまた月組を代表するアイコンであったのだと誇らしくなりました。これでもうるうなつの次は91期のゆりさち花なんですよね。その下には92期の華蘭ちゃん。その事実に愕然とする。上級生たちがいなくなってしまうのはほんとうにさびしい。 

そのかわりに台頭してくる下級生たちの活躍に目を見張りました。特にありちゃんとおだちん。すっかり立派な番手付きです。若さの中に頼もしさもあって、こうやって月組はつながっていくのだなって、さびしいけれども楽しみなこともあるのだと安心しました。それからるねれんこんコンビ。かつてのとしゆりを思い出す。一回だけの新公主演経験というのは呪縛にも救いにもなるものだなっておもうけど、それでもそれが楔になればいいなっておもうから、だから二人にはなおさらに頑張ってもらいたい。そしてひとり残ったゆりぴょんです。残ってくれたのがゆりぴょんでほんとうによかった。変わらない佇まいに泣きました。階段降りでるねれんこんを従えて真ん中を降りてきたのも、ああそうなんだなってとっても納得したし、きっとそういうことなんだとおもう。よかった。今も月組にゆりぴょんがいてくれてほんとうによかった。

ありちゃんとおだちんは、遠慮がちだったのが影をひそめてガツガツと前に出てくる感じが素晴らしく力強くてため息が出た。もう下級生のバブちゃんなんかじゃない。A-ENの時のあのありちゃんじゃない。くれあちゃんとの思い出を語るにA-ENは外せなくて(はるきゅんとか!)あの公演は今思えば宝物みたいにキラキラした想い出になってるなって。組長さんだったくれあちゃんと、最下だったはるきゅん。奇跡の座組だったね。おだちんの更なる飛躍を期待する。

サヨナラショーというものを初めて経験しました。大劇場でペンラを振るのも初めて。ペンラはVoice以来かな。組長デビューのるみこさんの言葉に会場から嗚咽が漏れたのを聞けたのはきっと稀有な経験。その後に流れたBADDYの音楽に体中の血液が沸騰するかとおもいました。まさかまた大劇場でこの音楽が聴けるなんて・・・!グラホもとってもだいすきな月組の作品。まさかチャールストンをまた大劇場で観ることができるなんて。なんて。なんて奇跡。美弥さまありがとう。そしてその風景の中にわたしのだいすきだった人の姿はなく、れいこちゃんがいるという不思議。わたしのだいすきな作品はだいすきだった人の想い出なはずなのに、この音楽とダンスにあの人は不可欠なはずなのに。でもそこに姿はなくて。いろんな感情に引きずられてとても心が忙しかったです。ジェットコースターみたいだった。これは美弥さまからの最後のプレゼント。美弥さまと一緒に月組を観てきたわたしたちへのプレゼント。今はいないたくさんのかつての月組子たちとの想い出を、一緒に振り返ることができてとてもしあわせでした。ありがとうございました。美弥さまを除く三人の退団者が銀橋渡りで歌ったのはAFOで、くれあちゃんは当時大劇場公演を全日程休演されたのでわたしはAFOのくれあちゃんの姿を見ることはかなわなかったのだ。だからこそまさか大劇場でAFOを歌うくれあちゃんが見られるなんて。きっとそういう意味も込めての選曲だったんだろうなって、ひびきちゃんと音ちゃんには勝手に感謝のきもちを送っておきますwまさかの同期同時退団に、いったいどういうことなんですかって早く誰か文句言ってくださいよ!!!!!

それからあの時にはかなわなかった千秋楽の月組大ジャンプもちゃんとできてほんっとうによかったです。思い残すことはありません。あの時に昇華できなかった想いがようやく成仏できたような気がします。あの時見ることができなかったもの、聞くことが出来なかったもの、立つことのできなかった場所。それらを得ることができて、ほんとうにありがたかったです。

2月の記録

・読んだ本

真保裕一「こちら横浜市港湾局みなと振興課です」(4)

ドラマの脚本みたいだなっていう印象。初回から数回は一話完結で事件を解決し、そこはかとなくほのめかされるイケメンと市長の裏事情が徐々に明らかになり、終盤の数回でそれらが一気に解決するってやつ。

島本理生「あなたの愛人の名は」(5)

相変わらずの島本さんだなーって皮肉っぽい感想を持ったけど、これがカラーってことなのかなって意地悪く考えるのはやめる。

原寮「それまでの明日」(6)

古き良き時代のハードボイルド。アウトローな探偵のテンプレっぷりがおもしろかったけどたぶんそこはねらい目じゃないとおもうのでわらってはいけないミステリになってた気がする。このミス1位とかまじですか。最後にあの地震を持ってきたことの意味とは。

東野圭吾「沈黙のパレード」(7)

湯川先生が教授に!!!!!!!!!

伊坂幸太郎「フーガはユーガ」(8)

 

BRODY2019年4月号

初めて買った雑誌です。欅ちゃんのおかげで世界が広がってる。楽しい。

「黒い羊」も引き取りました!初めて見る握手会参加券に感動。キラキラしてた。TLが悲喜交々の封入お写真は欅ちゃんじゃないグループのやつでこれが噂の・・・!とふるえました。いやもうなんかすごいなって。なんじゃこりゃ。欅ちゃんのCDに欅ちゃんじゃないグループの曲が所収されてるのもすごいし、いろんなスケジュールが狂いまくった結果のカオスなんだろうなって菩薩顔になるしか。いや、笑うわ。

初めての雑誌なので作法がわかんないんだけど、プロフィール欄はあれはどういうことなの????ってすごく混乱しましたwwwwいや、しょっぱなのもんちゃんが「孤高のもんテスキュー」だったもんだからさ。もんテスキュー。絶妙すぎる。もんって言うたらもんテスキュー。わかる。めっちゃわかる。あとははぶちゃんの「よくいないタイプの単細胞」かな。わたしまだはぶちゃんのポンコツっぷりを知らないので、人選ミスでは・・・と界隈が震えたネプリーグをすっごく楽しみにしてます♡ポンコツな美人とかだいすきすぎる~~。インタビューの中でダンススキル向上のモチベはと問われたもんテスキューが「やらない理由がないからです」と答えたことにしびれましたカッコイイ!!!欅ちゃんのダンス番長めちゃめちゃカッコイイ。平手以外に興味なんてないのとか嘯いてましたがもんちゃんとはぶちゃんすきなのでBRODYのポスター部屋に貼ってもいいですかね!はい、ありがとうございます!!!

あとインタビューの中で特筆すべきは、去年のFNSの選抜チームの時のことをみいちゃんとはぶちゃんは「ふだんはウィンクとかしないし笑顔で歌ったりしないから難しかった(意訳)」って言うてて、そうそうそうそうあの時の欅ちゃんはちょうぎこちなくて生まれたてのアイドルみたいだったわよ~~~~って見てる方と同じことをおもってたんだなっておもしろかったです。カメラアピとかできなさすぎるのがほんとにね。かわいいね(親バカ

で、楽しみにしてたMV監督のインタビューなんですけど、なるほど欅ちゃんはやっぱり平手のための平手のグループなんだなっていうのを一層印象づけて、それは良いことなんだろうかって一抹の不安が拭えなかったです。曲の世界観も平手のことを表しているって、それはみんな知ってるけど言うたらあかん暗黙の了解なんだとおもってたから、それを言葉にしたことにびっくりした。平手坂と揶揄されることも厭わないのか。欅は平手のためのものでいいのか。そのことに葛藤する姿をエンタメとして消費していると声高に言ってもいいのか。ほんとうに?それでいいの?

わたしも平手を消費する人間のひとりだけど、でもそれは表に出してはいけないことなのだとおもってた。少女が大人になっていくその美しい成長過程を、エンタメとして消費する。苦悩も悲しみもそしてそれらを乗り越える強さをも見世物にすることに抵抗がない人間は軽蔑する。でも。というアンビバレンツに悶えながらも惹きつけられるのが大多数の大人ファンの姿勢なのだとおもってた。なのに彼は今回の映像に限って言っても、すべてを平手に委ねて、平手次第なのだと、成功も失敗も平手のせい、平手にすべてを背負わせることにわたしが感じるうしろめたさを覚えてる節もなく、むしろ屈託ない言い放てることはショックだった。平手に賭けたその結果の責任はどう取るつもりなんだろう。無責任だなって、そうおもったし、平手が抱える負の感情はそういった身勝手な大人たちのせいなんじゃないかって、そのことに気付かない大人たちの姿が醜悪だった。

星組紅ゆずる・綺咲愛里退団発表に寄せて

ベニーさんが退団を発表された。

今日行われた会見のニュースをインターネットで見た。

お披露目のスカピンで「5作で退団しよう」と決めていたということ、相手役であるあーちゃんにはアナワの時に告げたこと、あーちゃんも一緒に辞めると言ってくれたこと、そんなだいじなエピソードなのにいつのことだったか肝心なことを覚えてなくて、きっと退団会見の時に聞かれるであろうからとあーちゃんに確認したこと、あーちゃんはすぐに答えてくれたこと、それまではいつもの軽妙な語り口であっただろうに想い出をと乞われて大泣きしたこと、生まれ変わってもまたタカラジェンヌになりたいと言われたこと、退団後の結婚について聞かれてあーちゃんと結婚したからと答えられたこと、どれもこれもわたしのだいすきなベニーさんで、タカラヅカという独特の世界においてもなお異彩を放っていて、ベニーさんの持つ物語はわたしを心から感動させてくれた。ほんとうにありがとうございました。

わたしがタカラヅカに出戻ってきた時の星組さんは柚希さんをトップに頂き、その下にベニーさん・真風さんが堅く位置しその見事な布陣がとても美しかったのが印象的だった。柚希さんが卒業されて、真風さんが宙組に異動になり、二番手であったベニーさんはそのままに、星組はあたらしくみっさまをトップに頂くことになる。とても、心が、ざわついた。落ち着かなかった。どういうことだろうと状況を理解できなかった。でも組替えでトップになられたみっさまを、ベニーさんは二番手さんとしてりっぱに支え、柚希・紅・真風というトライアングルの唯一残ったものとして、星を継ぐ者として、タカラヅカの世界を鮮やかに彩ってこられた。どうかベニーさんが星組のトップさんになりますように。確かなものなんてなにもない世界だというのはじゅうぶんに知っていた。だからわたしはベニーさんの星組トップというものにこだわりたかった。

願いはかなって、奇跡の新公と言われたご自身最初で最後の新公主演をされたスカピンでのお披露目。これほどまでにわかりやすい物語を背負ったベニーさんは、わたしの愛するタカラヅカの世界をこれ以上ないくらいに具現化してくれて、そのぐうの音も出ないほどの王道に有無を言わさず感動させられた。批判もあっただろう。離れていくひともあっただろう。トップさんが替われば、ファンもまた入れ替わっていく。それでもあーちゃんとふたりで組んだこの3年間は、この同時退団という最高のクライマックスをもって、ああ、とてもいいトップコンビだったねと多くの人に言わしめるにじゅうぶんなものをわたしたちに見せてくれた時間でもあった。まさに王道。これぞタカラヅカ。生え抜き原理主義でトップコンビの同時退団を良しとしているわたしにとって、それらを叶えてくれたベニーさんは完璧なタカラジェンヌだった。ほんとうにありがとうございます。とてもさびしいです。でもこれで思い残すことはありません。どうかベニーさんの残りのタカラヅカでの日々がしあわせなものでありますように。

1月の記録

・紅白

CDTV

・SONGS OF TOKYO

年末の怒涛の歌番組露出にさんざん振り回されたので年明けたら暇だなーっておもってたところにもんちゃんセンターのサイマジョとはぶちゃんセンターのエキセントリック見られてめちゃめちゃうれしかったー♡もんちゃんの髪色がまた変わっててあの伝説のMステアンビバ時の黒髪センターというビジュアルを大きく変えてきてそういうところももんちゃんカッコいいですすきです。はぶちゃんのびじんなおねえさんぷりがたまらんだいすきなんだけど欅ちゃんの厨二的なイメージとはぜんぜんちがうものを見せてくれるのほんとすき。いつも欅ちゃんにかわいいお衣装をって言うてるけど今回もシンプルな白シャツに濃紺のスカート、黒のボウタイでした。お衣装で何かをごまかさない欅ちゃんもすきです。

 

・映画

「伊藤くんAtoE」 

 

似た者同士

排他性と差別

バトラーとメラニーの共通性

スカーレットとメラニーの共通性

同調圧力に屈しないスカーレット

オーイエスアイウィル!!

ピカレスクロマン

異端者同士

金貨150枚 45万円

レットとメラニーの友情

 

湊かなえ「未来」(3)

デビュー10周年記念作品を読みました。

子供に対するいろんな負の要素がてんこ盛りにされていて、出てくる大人(主に父親)たちの悪行の数々にげんなりしながらも、それに徐々に慣れてきてる感覚が怖かったです。

未来からの手紙が提示されることによって、もしかしたらほんとうに未来は明るいのかもしれないと、読む側も希望を持っていたのが少しずつ打ち砕かれていくのが絶望だった。しんどい。過酷な状況の中で生き抜く彼女たちの姿はまさに「サバイバー」で、決してファンタジーじゃないのだと現実を突きつけられて言葉を失う。

それでも最後、助けを求めようと声を上げることを決めた二人の少女の姿は希望だったし、きっと明るい未来があるのだと信じたい。

8thシングル「黒い羊」

宇宙初オンエア聞きました。

欅ちゃんは強気だなーというのが感想です。タイトルが出た時にも界隈ではいろんな想像予想妄想有象無象が飛び交い、おたくたちの際限ない考察や深読みの数々になるほどおたくとしみじみ頷きました。おたく楽しい。黒い羊という言葉はどこか不穏で、どこまでも欅ちゃんらしいなーって音源を楽しみにしてたのですが。

 

「ぜんぶ僕のせいだ」

 

揺れる声に、怒りでわたしがふるえました。また何を背負わせるつもりなんだと。歌詞に出てくる「僕」を平手に重ねて、その世界観に引きずり込んで一身に背負わせてるのはわたしたち大人だ。まるで平手が自らそうしてるかのように思わせる狡猾さをもって。平手の見せる物語性こそが欅の真骨頂で、それを担うのが平手だ。満身創痍の姿を見て、そして見ぬふりをする。その過酷な世界の中でもがき苦悩する姿を見て心を動かされることに歓ぶことに対する罪悪感。

これまでに見た映像の中で一番衝撃を受けたのは、共和国2017の不協和音での「僕はいやだ」の言葉だ。心を揺さぶられてとても動揺した。危険だとおもった。これ以上この世界にいてはいけない。このままでは自分にかけた呪いによって滅んでしまう。早く逃げ出さなくては。助けなくては。でもどうやって?危機的な目の前の状況に手も足も出ないのがもどかしくて苦しくて、だからわたしはそのことから目を背けた。だってこれは虚構なのだから。

年末年始の歌番組の露出に平手の姿はなく、平手のいない欅の姿を何度も見るうちにその不在に慣れさせられてしまったわたしたちにとって、このフレーズはまさにディープインパクトだった。誰が平手の代わりを務めるのかなんてことを話題にしていたわたしたちはひたすら呑気だった。誰が平手の代わりを務めても、それはまるで別物で、わたしの思い描くものとは違うなあって確認するための作業でしかなかったのに、それが何度も続くと果たしてそれが違うものなのかそうでないものなのか曖昧になってしまっていて、確かに不在を確認する作業は苦痛ではあったけど、でも別の意味ではどこかで安堵していたはずだ。そうだった。平和ボケしていたようなところのあるわたしたちに冷や水を浴びさせるような一撃だった。背筋が伸びた。そしてゾクゾクした。平手が呼び起こすこの薄暗い感情を再び持ったわたしたちは、でも手放しでそのことを表明できず、どうか平手がしあわせでありますようにと願いながらもそれと反する感情をも抱えることをはっきりと自覚するのだ。そこには後ろめたさしかない。

平手の怪我がちゃんと治りますように。でも新曲のパフォーマンスも見たい。

平手の屈託のない笑顔が見られますように。でも屈託の中でもがく姿も見たい。

わたしたちは常に相反する感情の中で揺れ動き、その後ろめたさから目をそらしながら、平手が好きだ、どうか平手がしあわせでありますようにと願うのだ。なんという醜悪さ。これがアイドルを消費するということなんだなとおのれに言い聞かせて、その分の代償は払わなくてはならないのだと戒める。

わたしが感じた怒りは、わたしの中にある矛盾に対するものだ。

 

f:id:cha_pi:20190123000302j:plain

かわいい。